FC2ブログ

プロフィール

chopai


★おっぱい維新獅子!★

必勝できるなら先手。に変更。
虎児が得られるなら虎穴に入る。に変更。
維新回天を目指し、
日々変革を求める、
おっぱい界の特攻隊長。
KIMOもOBBもだ~いすき☆
でもODMは嫌い。


★おっぱいキモラテス★
(おっぱいソクラテス改め)

おっぱい哲学者 (Oppaiologist).
国際おっぱい哲学会代表
(President of International
Oppaiological Society)
ロマンティックでお茶目な
強い男を目指す旅の途中.


★おっぱい Bad Boy(OBB)★

エリート・キャラを守り続けた
これまでの人生道。
勿論恥ずかしい話などタブー。
しかし一度心の倉庫を
開けてみると・・・・
そこには無数の恥痴(チチ)話が
外に出たいと大騒ぎ。
いままで友人にすら
見せたことの無いこいつらを
この場でそっと解き放つ。

★おっぱい毒マムシ(ODM)★

世の中、気に入らない女ばっか。
なんでこうも女ってダメなのか?
だからそいつらに罰を。
いい女に飴を。
騎上位で下から見ながら
タバコを吸って、
他のことを考える。
これが最近の贅沢。
今日も、都内でパトロール

ちょーぱいぜんぶ☆

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

RSS

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Mail

おっぱいに対する熱い思いを良かったら伝えてください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

BookMark

 BLOG TOP 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



絶対に負けられない戦いがそこにある。


前回の戦いに勝利した志士は、


所謂ポイントゲッター的な立場となった。


そして、昨晩。A代表半年振りの試合に、


2得点を求められるFWとして試合に臨まなければならなかった。


試合前の記者会見では、はっきりと


2得点を宣言し、自分にプレッシャーをかけた。


ただ今回と、前回で決定的に違うところ、それは


時間が無い。前回より15分少ない・・・。


試合前の居酒屋MTGでも、


志士は好きなお酒を控え、泥酔を警戒した。


泥酔は得点力の低下に繋がるのは過去の経験から知っている。


そして試合が始まった。


相手は仙台出身の大学生。


互いの様子を見ている暇もない。


志士はのっけから得点へ向け貪欲だった。


そして前半10分たたずに1ゴール。


ここまでは順調。 しかも相手のテクニックを活かしたプレーで


会心のゴール。 少ない時間を把握した熟練のプレー。


その後計算外の事が起きた。


前回の戦いでは、


『インターバルも程ほどに、後半。』とあるように、


ハーフタイムが設けられたいたが、


2得点に気負った相手がインターバル無しの猛攻。


さすがの志士も15分程苦しい時間を強いられた。


正直、2点目をあきらめてもいいと思った。


2点目は家でも取れる。


そう思ってあきらめかけた時、


相手が全然あきらめていない事が分かった。


ゴールゲッターとして、男として、


是が非でも2点目を取ろうと決心した志士は、


体勢を入れ替え、状況の変化を計った。


そして、ロスタイムを告げるコール。


時間が無い。


そう思った瞬間、ゴールの予感がし、


志士は、試合終了間際に起死回生の、2点目を決めた。


相手に感謝した。


その相手はすぐに志士を忘れるし、志士も忘れるだろう。


ただ、今回の戦い自体は、


志士の仲間の中で永遠に語り継がれる事になるだろう。



















































太った白髪の先生は言った。


『あきらめたらそこで試合終了ですよ。』


by志士
スポンサーサイト

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

 BLOG TOP 

<< 王道,それはパパの歩いた道 | ホーム | 継続は力なり,忙しいは言い訳にならない,パラダイムシフト,セックス >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。