FC2ブログ

プロフィール

chopai


★おっぱい維新獅子!★

必勝できるなら先手。に変更。
虎児が得られるなら虎穴に入る。に変更。
維新回天を目指し、
日々変革を求める、
おっぱい界の特攻隊長。
KIMOもOBBもだ~いすき☆
でもODMは嫌い。


★おっぱいキモラテス★
(おっぱいソクラテス改め)

おっぱい哲学者 (Oppaiologist).
国際おっぱい哲学会代表
(President of International
Oppaiological Society)
ロマンティックでお茶目な
強い男を目指す旅の途中.


★おっぱい Bad Boy(OBB)★

エリート・キャラを守り続けた
これまでの人生道。
勿論恥ずかしい話などタブー。
しかし一度心の倉庫を
開けてみると・・・・
そこには無数の恥痴(チチ)話が
外に出たいと大騒ぎ。
いままで友人にすら
見せたことの無いこいつらを
この場でそっと解き放つ。

★おっぱい毒マムシ(ODM)★

世の中、気に入らない女ばっか。
なんでこうも女ってダメなのか?
だからそいつらに罰を。
いい女に飴を。
騎上位で下から見ながら
タバコを吸って、
他のことを考える。
これが最近の贅沢。
今日も、都内でパトロール

ちょーぱいぜんぶ☆

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

RSS

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Mail

おっぱいに対する熱い思いを良かったら伝えてください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

BookMark

 BLOG TOP 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


改まって,僕のパパのことを考えるのは.
久しぶりかもしれないね.
今日は,予定変更で.
kimoのパパの話.

昨年末.
パパとすしを食べに行ったの.
カウンターで二人でね.
実は,kimoもパパもお酒がすきじゃないから.
お茶でね.

kimoのパパは,そうだね.
一言で表すなら.
思想の無い平和主義者だね,多分.

人には,絶対に怒らない.
人の悪口はいわない.
理不尽なことにも抵抗しない.
酒も飲まない.
ギャンブルもやらない.
タバコもやらない.
女もしない.
浮気もしない.

例えばね.
去年の春,kimoはね.
近所のおじさんたちが7-8人でのんでる宴に呼ばれたの.
んで,そしたら,papaもいてね.
その宴が解散になってね.
そしたら,二人のおじさんが.
タクシーで五反田に行くって言い出したの.

五反田って言えば.
そうだよね.



9割がエッチなキモチでできてる街だよね.



他のおじさんたちは.
あの二人,若いねなんて話してたの.
でもね.
papaは,不思議そうな顔して.
kimoとkimoの隣にいたおじさんにこう聞いたの.


「こんな時間に五反田に飲み屋あるの?」
「店かえるなら,近所にいい店あるのに」
ってね.

まじめな顔で言ってたの.
そう.
僕のpapaはとっても純粋で,ワルイことは絶対にしないの.


kimoが小さいころからね.
kimoはkimo-papaに
「まともな人間になりなさい」
って言われてたの.
papaの言うまともな人間っていうのはね.

高い倫理観や正義感を持ち合わせた人間ではないの.
あるいは.
人の気持ちがわかるとか.
そういんじゃないの.

「みんなと同じに普通に生きなさい」
ってことだったの.


例えば,
kimoは小さいころ.
ファミコンもマンガに全く興味がなかったの.
今でも,ゲームやマンガはしないの.
マンガにいたっては,生涯kimoは一冊も読んだことがないの.
だって.
みんなが読んでるから.



kimoのパパは.
kimoがファミコンやマンガをしないことを心配して.
ファミコンをしなさいって言ってきたの.
マンガを読みなさいって言ってきたの.
何でも買ってあげるからって.
みんなと同じことしなさいって.


ファミコンしすぎで親から怒られる子供は多かったけど.
やらないから注意される子供は珍しいよね.


学校の成績も.
考え方も.
行動も.

全部.
ぜーんぶ.
みんなと同じくらいにしなさいって.



kimoのパパは,
kimoが生まれたときからサラリーマンだったの.
日本にはどこにでもある.
中産階級の普通の一家の大黒柱だったの.
パパは,kimoが知る限り.
勝負にでたことは一度もないし.
サセンされたことも.
飛びぬけて出世したこともなかったの.


だって.
パパは普通が一番だから.


そんなパパをみてたからかどうかはわからないけど.
いや.少なからずその影響はあるかもしれないね.
kimoは常に普通じゃないことを目指して生きてきたの.

パパに注意されるたび.
パパが心配するたびに.

僕は,パパとは違う道を歩いてるんだって確認できたの.
僕の勝負をパパはいつも心配してた.
今でもね.



パパはキモに王道を見せてくれた.
危険な橋は絶対にわたらない.
ワルイことはしない.
戦いは好まない.
日本の中産階級の王道.
団塊ひとつ下世代の王道.


これまでパパがkimoの“壁”になったことは一度もなかったの.
kimoとパパはいつも間逆の方向を向いているから.

だからこそ.
僕は,パパのことを考えると.
いつも強くこう思う.


僕にはできないし.
その道を完璧に極めたパパには勝てないって.
僕に王道を見せ続けてくれって.


そうそう.
冒頭の話に戻そうかね.
kimoはパパとすしをカウンターで食べたんだけどね.
そうね.
1時間半くらいかな.
パパの話ったら.

本当に.
本当に.


つまらないの.


だって,普通の話だからさ.



でも.


kimoは.
そんなつまらない話しかしない王道papaが大好き.

パパ,常に僕に王道を見せ続けて.

by Kimo
スポンサーサイト

テーマ : 教育 - ジャンル : 学校・教育

 BLOG TOP 

<< Tバックの朝 | ホーム | 絶対に負けられない戦いがそこにある。vol.2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。