プロフィール

chopai


★おっぱい維新獅子!★

必勝できるなら先手。に変更。
虎児が得られるなら虎穴に入る。に変更。
維新回天を目指し、
日々変革を求める、
おっぱい界の特攻隊長。
KIMOもOBBもだ~いすき☆
でもODMは嫌い。


★おっぱいキモラテス★
(おっぱいソクラテス改め)

おっぱい哲学者 (Oppaiologist).
国際おっぱい哲学会代表
(President of International
Oppaiological Society)
ロマンティックでお茶目な
強い男を目指す旅の途中.


★おっぱい Bad Boy(OBB)★

エリート・キャラを守り続けた
これまでの人生道。
勿論恥ずかしい話などタブー。
しかし一度心の倉庫を
開けてみると・・・・
そこには無数の恥痴(チチ)話が
外に出たいと大騒ぎ。
いままで友人にすら
見せたことの無いこいつらを
この場でそっと解き放つ。

★おっぱい毒マムシ(ODM)★

世の中、気に入らない女ばっか。
なんでこうも女ってダメなのか?
だからそいつらに罰を。
いい女に飴を。
騎上位で下から見ながら
タバコを吸って、
他のことを考える。
これが最近の贅沢。
今日も、都内でパトロール

ちょーぱいぜんぶ☆

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

RSS

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Mail

おっぱいに対する熱い思いを良かったら伝えてください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

BookMark

 BLOG TOP 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕が勝てない男

先日.
以前このブログでも紹介した
「僕が勝てない男」男の中の男とのんだんだ.
http://chopai.blog89.fc2.com/blog-entry-156.html
彼は,高校生から付き合っている彼女との結婚を決め.
婚約したから.
僕は,そのお祝いもかねて.
彼とその彼女と食事をしたんだ.

あ.
ちなみに,僕が結婚式でスピーチをするんだ.


僕は,普段の二人のことや.
あいつのプライベートについて,彼女に聞いたりしたかったんだけど.
彼女に沢山おもしろいことを伝えたかったんだけど.

やっぱり,ぼくらは,哲学の世界に足を踏みいれて.
彼女はそっちのけになってしまった.
普段は決して口にしない,相当に難解なテーマを,5時間くらい共有したんだ.
ただ,話すだけじゃない.
僕らは,もちろん,一定の結論を導き出す.


横で彼女は,目をまるくしていた.
そこには,おそらく,普段のあいつはいなかったからだ.
彼は,周りに自分の話を真に理解できるものはいないことを十分に理解しており.
そのため,一番近い婚約者にさえ.
10年つきあっても.
論理に裏打ちされた本質を表現することはない.

彼女を見て,僕は,やっぱりそうだったかと.確信したんだ.

彼の理論と哲学を論理的に理解できるのは(少なくとも一部でも),僕しかいない.




僕らは,こうして,先日の夜も.
いつもと変わらず,話し続け.
すべての行動の原動力となる,情熱,あるいは,好奇心を共有し.
変化を恐れないことを約束した.
いや.言葉で約束をしたわけじゃないけど.
でも,まぁそういうことだよ.


君と話した後の帰り道.
僕はいつも歩きたくて.
直ぐに家につきたくないから.
歩いて.考えながら,僕はいつも胸が苦しくなり.
自分の無知と視野の狭さを嘆いたんだ.




僕は.
帰り道に.
決めたんだ.



僕のスピーチについて.


彼とは,同じ高校だったし.
彼女も同じ高校だったし.
地元も近いから,沢山の共通の知り合いが詰め掛ける.


だから,僕は,スピーチの話しをもらったとき.
彼ら全てを含めた目の前の全てを
クレイジーでファニーなスピーチで揺らしてやろうと考えていたんだ.
僕の究極のユーモアをぶつけてやろうとおもったんだ.



でも.
帰り道に.


僕は,決めたんだ.
そんなことをしても,究極的には,彼と何も共有できない.



結婚式が終わったあと.
参加者が,家に帰って.
結婚式どうだった?
って聞かれたら.
「結婚式はよかったけど.スピーチは,なんだか良くわからなかった」


それでいいんだ.


僕は,あいつに披露することにした.
僕の頭を絞って形成した宇宙を.
あえて,一対一ではなくて.
100人の列席者の前で.

あいつには,わかるはずだ.
なんで,僕は,多くのオーディエンスの前で,
宇宙を広げたかって.
そんな難解なことを話したかって.



あいつにしか,わからないはずだ.
僕が何をいいたいのか.
なんで,今いったのか.
何をしたいのか.
そして,あいつに何を感じてほしいのか.
それにどう答えればいいのか.
僕とあいつの宇宙は何なのか.


僕は.
タキシードを着た.
あいつを宇宙に連れて行って.
ちびらせて.
全てのオーディエンスにKYと呼ばれてやる.


by Kimo
スポンサーサイト

 BLOG TOP 

<< FM 69 -a radio program - | ホーム | ちょーぱい的ECO論 Vol.2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。